d's diary

日々敵前逃亡……淫らな煩悩をこよなく愛する人々のために
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今度は「ブッダ」 | main | 導入剤 >>
# 黒幕

日大のアメフトと相撲、レスリング、そして今度はボクシング……

次々と恐ろしげな黒幕が暴露されてますね

 

権力が人を変えてしまうのか

元々権力志向の人が黒幕の権力者になるのか

 

昔、「革命児サパタ」という映画がありまして

若いころ、テレビで見て、感動した映画ですが

革命を起こして傲慢な権力者を倒した主人公が

革命が成功して自分がトップになった途端

かつて主人公が憎んだ権力者と同じになってしまう

エリア・カザン監督、ジョン・スタインベック脚本

マーロン・ブランド主役という

すごいメンバーの傑作映画です

 

昨今のワイドショーを見てると

この映画を思い出す

 

人は権力を握ると変貌するのですね

でも結局は民衆に倒される

ヨーロッパのあちこちの暴君が民衆に倒される世界史がそれを証明してますからね

今回も告発で、裏の実態が浮かんだわけですからね

 

平家物語の冒頭……

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす

おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。 

 

ということでしょうか。

 

でもガンジーだけは違ってましたね

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 02:02 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ibull.jugem.jp/trackback/1098462
トラックバック
Selected Entry
Comments
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links